飲み会で使える豆知識|ビール編

会社の飲み会や年末年始の忘年会・新年会、
今は女子会でも飲む機会が増えているビール。

お酒の席でさりげなく使えて
場を盛り上げる豆知識を調べてまとめてみました!

ビールが何杯でも飲めるのは何故?

同じ飲み物でも水を何杯も飲むのは辛いのに
ビールならグビグビ何杯も飲めるのって不思議ですよね。

これは飲んでから“どこで”吸収されるかによる違い。

まず、通常水分は腸から吸収されるため
そこまでの到達時間は約30分は掛かります。

そうなるとたくさん飲んでも胃で溜まる一方
吸収が行われないため水分だけで
お腹がいっぱいになってしまいます。

変わってビールは、
アルコール(エタノール)がまず胃で吸収されます。
水分はアルコールと結びつきやすい為、
その時に一緒に吸収されていきます。

ビールを飲むとトイレが近くると思いますが、
それはアルコールの利尿作用で
その時にもどんどん水分が排出されていきます。

これだけ水分が吸収や排出されると
体が脱水状態になりさらに水分を求める為、
何杯も飲めるようになるのです。

ペットボトルに入ったビールがないのは何故?

炭酸飲料でペットボトルを使用したものはあるのに、
ペットボトルに入ったビールって見かけないですよね?

それはペットボトルの性質の問題なのです。

一見密閉されている様に見えるペットボトルなのですが
実は瓶や缶に比べると酸素を通しやすくなっていいます。

ビールは酸素にとても弱く、
酸素に触れることにより起こる酸化で
ビールが不味くなってしまうのです。

実はビールの為に酸素を通しにくく
改良されたペットボトルは開発されているのですが、
リサイクルの面や手軽に購入しやすくなり
未成年者の飲酒が増加するなど多様な問題が上がり
ペットボトルビールの普及は進んでいないようです。

塩辛いおつまみの必要性は?

ビールを飲んでいると必ずと言っていい程、
塩辛いおつまみが必要になりますよね!

疑り深い私は
「どこかの企業戦略じゃないのか!?」
と調べてみた結果。

なんて事ない、
私たちの体のとても自然な
生理現象からくる欲求だったのです。

まず、ビールには
ごく少量のナトリウム(1Lあたり約20mg)と
大量のカリウム(1Lあたり約400㎎)が含まれています。

私たち人間の体は
ナトリウム濃度が一定になるように働くため、
ビールを飲むとナトリウム濃度が一気に薄められ
体が「ナトリウム(塩分)ください!」となります。

さらに大量のカリウムを尿として排出する時、
ナトリウムも一緒に排出されるため
「もっとナトリウム(塩分)ー!くださーい!」と
塩辛いおつまみの欲求がどんどん強くなります。

ビールをたらふく飲んだ後にラーメンが食べたくなるのは何故?

飲み屋でたらふく飲んで食べて
さぁ帰ろうとすると無性に食べたくなるのが
ラーメン。

「〆はラーメン」という言葉が
しっくりくるのは何故なのでしょう?

それはアルコールを分解するときに必要な
グルタミン酸・ビタミンB1・亜鉛・アラニンが
ラーメンには揃っているのです。

これも人の体の
生理現象に忠実な行動なのです。

しかし、だからと言って
〆にラーメンを食べればOK!ではなく、
必要な栄養素以外に糖質・脂質・塩分などを
大量に摂取することになり
メタボや糖尿病、腎不全、痛風など
様々な弊害を引き起こす事となります。

〆におススメなのはシジミの味噌汁!
栄養素がたっぷりで胃にも優しく
二日酔いにも効果が期待できます。

今はインスタントの味噌汁もあるので
作るのが面倒だなという方にもおすすめです♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*