好かれたいならバカになろう!

生きていく中で、
誰からも愛され慕われる事って嬉しいですよね。

でも実際は、なかなか上手く人間関係を築けず
モヤモヤしてしまう…って事、ありませんか?

『バカ』と聞くと悪い印象が強いかと思いますが
この『バカ』を上手く使いこなすだけで

初対面でも友人、恋人、職場の上司や同僚からも
慕われ気に入られる人になれるのです。

自分はバカじゃない、と思っているのに、
ふとバカにされたり下に見られるような事を言われると
「イラッ」としてしまいますよね。

でも今からお話しする事は、
『バカだなぁ~』と言わせる
または思わせる為の方法なのです。

人間の心理

なぜバカに思われた方が良いのか。
それは誰もが持っている心理や欲求に刺激を与えるため。

人間は自分を批判されたり、否定されると不快感を嫌います。
「なんで出来ないの?」「それくらいも分からないの?」と
真顔で言われるとかなり傷付いちゃいますよね。

逆に、相手に何かをしてあげたり、教えることに高揚感を感じます。

相手に何かをしてあげて
「ありがとう!」と言われたり
「〇〇さんってスゴイですね!」
と言われると嬉しいですよね。

相手のこの感情を揺さぶるのが『バカ』なのです。

ただ、この方法で一番気を付けて欲しい事は
自己中心的な考え方を押し付け、
相手の言っている事は一切分かりませ~ん。
と言っているような『ただのバカ』になってはダメです。

バカの法則

じゃあどうしたら愛されるバカになれるのだろうか、
今回は私がいつも気を付けている事を4つあげてみました。

『愛されるバカの法則①』

笑顔

人付き合いを良くするのには絶対に欠かせないです。
ブスッとしたりイライラしている人に誰も寄り付こうとは思いません。

私は目が合うとニコッと笑うように心掛けています。

喫茶店やパチンコ店で接客をしていると
ムスッとした顔をした人も沢山います。

声を掛けるときや対応時には
相手がどれだけ真顔でも私は笑顔を絶やしません。
(※謝罪中はさすがに笑いません。笑)

それを続けていくと
「ありがとう」と声を掛けて頂けたり
会釈をしてくれるようになったり

少し怖いな~と思っていたお客様がニコッと笑ってグーサインをしてくれました。

その時は「やった!」と嬉しくて心の中でガッツポーズ。笑

今では
『貴女みたいに天真爛漫な人になりたいわ~』
『笑顔が良いね~』と声を掛けて頂く事があります。
…自分で書いていて少し恥ずかしいですが。笑

これだけでもコミュニケーションが取れますし

私は笑顔には人が吸い寄せる力があると思っています。

『愛されるバカの法則②』

リアクションは大きく

一生懸命話しているのに相手が無反応で返事も素っ気なかったら
イラっとしたり「もうこの人に話すの止めよう」と思いますよね。

私は以前、職場の上司の方が長い髪をバッサリ切ったのを見て
三度見しました。笑

「…?」

「……えっ!?」

「っー!!!!!」

文字に起こすとこんな感じです。笑

リアクションを大きくするときのポイントは

本心のリアクションを出す。

心に思ってもいないリアクションって
結構バレます。汗

本当に驚いたからこそ
その気持ちをリアクションで表せたのです。

その後は
「この前、髪を短くしたら○○さん三度見してましたよ~!笑」
と話題にもして頂いて喜んで頂けたんだと私も嬉しくなりました。

感情の喜怒哀楽を状況に応じて使いこなせば
「一緒にいて楽しい」「自分も笑顔になる」
と言って頂けるようになりますよ。

ここでの注意点は、連続でやるのは控える事。
自分も疲れてくるし、
相手も飽きて面倒くさいなぁと思ってしまいます。
ここぞ!という時に使いこなせるとグッドですね。

『愛されるバカの法則③』

分からないことはちゃんと聞く、出来る事ならすぐ実行

これは『バカ+素直さ』が必要です。

まずは私が実践した事を例にしてお話します!

パチンコ店で働いて間もない頃
カイジの【沼】と言うのが新台で入ってきました。

パチンコを打たない+カイジを知らない私は
「なんだこの台は…( ゚Д゚)ポカーン」
開店前にぼーっとその台を見ていたら

大先輩のスタッフの方に
「これすごいよねーカイジ見たことあるー?」
と声を掛けて頂きました。

「見たことないんです!」

「藤原竜也が出てる映画の面白かったよー!今度見てみたら!
あ、でもおかもっちゃん忙しいから時間ないかー汗」

「いえ!見ます!勉強にもなりますから!」

そんな会話をしたその日の帰りに
DVDを借りてその日の夜に観ました。

次の日その大先輩のスタッフの方に
「○○さん!聞いてください!カイジ観ました!
めっちゃ面白かったです!あと途中で泣きました(´;ω;`)」

「えー!すごい、もう観たの!?
でも面白かったでしょー!」

と、お話が盛り上がりました☆

ポイントは、
教えてもらってからすぐに実行する。
その後、観たことや感想を嬉しそうに伝える。

中々すぐには難しい時は
「実はまだなのですが次の休みの日に借りに行こうと思っています!」

実践してちょっと自分に合わなかった時も素直に伝えます。
「観ました!でも自分には少し怖かったですー(´;ω;`)汗」

『愛されるバカの法則④』

本音を吐ける人を一人見つける

これは私の中でかなり重要にしていることで
毎日仕事をして毎日笑顔で元気よくっていうのは
素でやっていても絶対に疲れてしまいます。

なので職場の中でも他の繋がりの人でも良いので
自分の気持ちを一番理解してくれる人に話を聞いてもらいます。

私の場合、話したい事別に友人が違うので
この話はこの人に聞いてほしい
あの話はあの人に聞いてほしい
と聞いて頂いています。

毎日楽しく笑って過ごすのも楽しいですが
たまには真剣に悩んで泣いてみても良いのです。

全部一度にやらなくてもいいので
一日一つ意識してやってくと良いと思います☆

私の個人的な意見もあるので
自分の性格や環境に合わせて応用して使っていくのもグッドだと思います♪

初デートが上手くいかなくなる食事マナー

レストランや高級料理店でなくとも食事中にはマナーがあります。

相手の食事風景を見て別れを切り出す人もいるくらい大切な事ですし、
人間関係にも響いてくるので一つでもNGマナーをやってしまっていたら
気を付けるようにしていきましょう!

犬食い

お皿を口に近づけて食べ物をかき込む食べ方。
さらに悪い食べ方はスプーンやフォークを逆手に持つこと。

迎え舌

文字通り口を開けて舌を出して食べ物を食べる事。
こぼさず一気に口に入れようとすることでなることが多いです。

ススラー

食べ物を口の前まで運ぶもののそのまま吸い込んで食べる人。
ラーメンや麺類ならまだしも他の物もすすって食べるのはNG。

クチャラー

目の前で口を開けてクチャクチャものを
食べられるのは相手に不快感を与えてしまいます。

肘をついて食べる

片方の肘を机について食べるのはNG
肘をついて頭を支えながら食べる方もマナーが悪く
相手に失礼な印象を与えてしまいます。

箸の持ち方が汚い

スプーンやフォークのように持ったり
箸を使うと交差して上手く使いこなせていないと
スマートではありませんね。

スマホばかり見ている

私はこれが一番好きじゃないですね~
スマホ見て食事しているなら相手がいる意味がありません。
なんでもスマホでできる時代ですが生身の人間同士のぬくもりのある生きた会話はスマホでは出来ません。
大切にされていない印象も受けてしまうので食事中だけと言わずデート中は控えるようにしましょう。

挨拶をしない

『いただきます』『ごちそうさまでした』の挨拶も出来ない人よりきちんとできる人の方が好印象を与えます。癖でしない人は日頃から気を付けて習慣付けることをお勧めします。
当たり前のように言葉が出てくる事が大切だと思います。

食べながら喋る

口の中にまだ食べ物が残っているのに喋るのはNG
相手に口の中身が見えて不快感を与えてしまい、口からこぼれて汚いですよね。
食べる時は食べる、喋るときは喋るとハッキリとさせましょう。
その為に口の中にたくさん詰め込みすぎないことをお勧めします。

最後に

私は好きな人の前で何かを食べるという

行為が出来なかった特殊な体質の人間でした。

『食べ方が汚いと言われたらどうしよう』

『食べ方が間違っていたらどうしよう』

『マナーが悪いと思われたらどうしよう』

と当時の私は真剣に悩み一緒に食べる事を拒否していました。

今では自分でマナーなど調べて知識はそれなりにありますが
まだ知らない人や行為のある人とのご飯は苦手です。

気付いていない食事マナーの悪さもいか程かと思いますが、
気を使いすぎて食べられなくなってしまっては楽しい時間がもったいないですよね。

初デートでは楽しく食事してお話したいものですよね。

男性へのアドバイス

入退店時はレディーファースト
冬場は相手の上着(コートなど)の着脱を手伝う
店内に段差があればさりげなく教える
可能であれば彼女がお手洗いに立っている間にお会計は済ませる
(割り勘の場合はお会計で少し多めに払ったり)

さりげなくを前提に行えるとGOOD!

女性へのアドバイス

さりげなく何かをしてもらったら『ありがとう』の一言を
『してもらう』が当たり前にならないように気を付けましょう。
してもらわなくていいことは『これは自分でやるね』と伝えましょう。
笑顔を絶やさずに食事と会話を楽しみましょう。

感謝を忘れず傲慢にならず楽しむことがGOOD!

紳士的な人とは?

日頃から紳士的な対応を心掛けていれば
自然と周囲からの好感度も上がり
仕事もプライベートも上手くいく可能性が広がります。

彼女が欲しい、
プライベートや仕事で人間関係をうまく築きたい
と思っているなら、
まずは紳士的な対応を日常生活に取り入れてみて下さい。

そうと言われてもまずは『紳士的な人とは?』
一体どんな事なのか何をすれば紳士的な人と言われるのか。
実例も含めてまとめてみました。

常に清潔を心掛ける

紳士たるもの常の清潔は当たり前。
ですが、あまりにも気にしすぎて
制汗剤や香水、ワックスなどの使いすぎ。
潔癖症になって少し服が汚れただけで
発狂レベルのダメージを受けるのはナンセンス。

私の周りにも香水や柔軟剤の匂いが強い方がいますが
臭くなくてもやはり少し近寄りがたく感じてしまいます。
適宜適量を心掛けていきましょう。

常識やマナーを理解している

電車の中で大きな声で電話していたり、
言葉遣いが汚い人は『紳士的な人』ではありませんね。

世の中の当たり前を学校で勉強しないからこそ
自分から勉強して行かないといけません。
常識やマナーが悪いとそれだけで相手から
『この人はマナーも守れないような人なんだ…』
と思われてしまいます。
完璧に、とまでは無しにしろ
最低限の常識やマナーは守っていきましょう。

自分の思いを素直に伝えられる

意思の押しつけはNGですが、
『貴女のこういう所が素敵だと思います』
『ここはこうしてみるのもいかがですか?』
などさりげなく伝えて
しつこくなりすぎないように心掛けましょう。

実際に使えるレディーファーストの実例

  • 手動ドアは自らが開けて相手が通過するのを待つ。
  • 自動ドアの場合は先に通ってもらう
  • エレベーターは『開』ボタンを押すか手でドアを押さえる。
  • 階段やエスカレーターでは相手の下に立つ。
  • 相手がミニスカートの時は『お先に失礼します』と声を掛けて先に乗る。
  • 彼女の時はミニスカートでも後ろに立って後ろの人からの視界を遮る。
  • 上着の着脱を手伝う
  • 自分の車に乗せるときは運転席から降りて助手席のドアを開ける。
    ※タクシーの場合は先に乗り込む。(相手が連れ去られるのを防止、スカートやワンピースの女性なら横移動が大変になるため)

 

最後に

私事ではありますが、私の車には常にブランケットを載せています。女性は冬でもスカートやワンピースの時もあるのですぐに車内が温まらないときは膝にかけられるように準備してあります。

世の中に『紳士的な人』はたくさんいます、自分がしてもらって嬉しかったことは参考にして自分の生活にどんどん取り入れて行ってみましょう。

細やかな気遣いは私自身も完璧ではありませんが完璧ではないからこそ周りの出来事を真似してみたり、調べたりして勉強して行きたいな~と思っています。