【犬山城】行く前に知っておきたい基礎知識

かつては天守から続くように
本丸、杉の丸、樅の丸、桐の丸、松の丸が
置かれた城郭構造の犬山城。

しかし、現存するのは天守のみ

他の現存12天守と比べると
少し寂しい印象を受けますが

国宝に指定されるだけの素晴らしさがあり
何も調べずに行くと見逃してしまうものもあるので
観光前には基礎知識を知ってから是非行って下さいね!

どうして天守しか現存しないの?

戦国時代が終わり、明治4年
〇〇藩から〇〇県に変わる廃藩置県が布かれ
歴史の最前線に立っていた城郭たちは廃城へ追い込まれました。

犬山城もその中に含まれ

天守以外の櫓や城門が次々と取り壊されていきました。

壊れては直し現在に守り継がれた天守

明治24年(1891年)
美濃・尾張地震(みの・おわりじしん)発生

これにより天守が半壊

修理費が莫大に掛かる事で
県は旧犬山藩主の成瀬正肥に
『無償であげるから直して!』と譲与。

国宝指定から現在まで

昭和27年(1952年)
天守が国宝に指定される。

犬山城だけ全国で唯一
個人所有のお城だったのですが

平成16年(2014年)に所有が法人に切り替わりました。

お城を保存していくのが困難になったとはいえ
今まで自分のお城だったのに手放さないのは
きっと複雑な心境で辛いことだと思います。

天守の見どころ

天守内部へは、
まず石垣の中の地下2階部分から入場します。

階段が急なので女性は
ミニスカートで行かないで下さいね!

地下一、二階

大きな梁と石垣を見ることが出来ます。

築城されたのが1537年なので現在(2018年)から数えると
約481年間も天守を支え続けているんですね、スゴイ。

当時は材木の表面を整える鉋(かんな)が無かったため
この柱の表面は整えられておらず素朴なイメージなのですが、
上の階は改修されているため綺麗な梁になっています。

逆に言えばこの梁がかなりの見どころで、
知らずに見学していたら
見逃してしまっているかもしれませんね。

一階

階の真ん中が4つの部屋に区切られており、
その4つの部屋の周りを『武者走』と言う廊下が囲んでいます。

中には、石落としの間と呼ばれる石垣を登って攻めてくる敵に
上から石や槍、鉄砲で攻撃できるところや

上段の間と呼ばれる来客用の応接室があります。

後方に少し小さめの木戸があるのですが、
そこに城主の護衛の為に武士が潜んでいたと言われています。
実際に使用されている情景を思いながら見て回ると
ワクワクしそうですね。

二階

『武具の間』と呼ばれるその名の通り
武具を保管しておく部屋があります。

実際に武具は置かれておらず棚のみなのですが、
戦国時代を想像し敵が攻めてきて
武器を手にした武士たちが走り出す姿を想像すると
これまたワクワクしてしまいますね。

三階

『破風の間』と呼ばれる部屋があり、
外からみて唐破風がある位置の部屋です。

天井が緩やかなカーブを描いた窓があるのですが
唐破風のある窓の裏側にあたります。

四階(最上階)

『高欄の間』ではまず印象強いのが赤い絨毯。
全国的に見ても絨毯を敷いてあるお城がココだけだそうです。

この階は築城当時にはなく成瀬氏が
増築して作った部屋と言われています。

廻縁(まわりえん)の手すりは当時の高さと同じでかなり低く
高所恐怖症の方は出ないようにしましょうね。

 

【別名】白帝城

【所在地】愛知県犬山市犬山北古券65-2

【築城年】天文6年(1537年)

【構造】平山城
複合式望楼閣
3層4階地下2階

【国宝指定】天守

【入場料金】
個人(一般) ¥550
個人(小・中学生) ¥110

【参考サイト】
http://inuyama-castle.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*