ヨーグルトに浮いている透明な液体は何?!飲んでもいいの?

風邪予防も兼ねて子ども達の朝食に
よくヨーグルトを出しています。

子ども達も何よりも先に
ペロリと食べてしまうくらい大好きなのですが、

ある日長女が
「ママ、これなに!?」と言って
ヨーグルトを食べる手が止まっていました。

よく見るとヨーグルトの上に
透明な液体が溜まっていました。

私自身も何か分からなかったので
その時調べたことをまとめてみたいと思います。

あの液体には名前があった!

ヨーグルトの上に出来る液体の正式名称は
【ホエー】または【乳清】と呼ばれるものです。

どうして出来るの?

ヨーグルトの発酵が進むと
分離して出てくるのですが、
振動のはずみで出てきたり、
スプーンですくっただけでも
切断面から分離が始まり出てくることもあります。

成分や効能は?

乳成分の一つで、
水溶性のたんぱく質・ビタミン・ミネラル
を含みヨーグルト同様に栄養価が高いです。

ホエーに含まれるたんぱく質は、
卵に含まれるたんぱく質並に
必須アミノ酸が含まれているのです。

アンチエイジングの効果があり
美容やダイエット、腸の働きを
整えてくれる作用もあります。

ホエーのカロリーは
100gあたり約20-25Kcal。

無脂肪のヨーグルトでも
100gあたり約40Kcalなので
カロリーが気になる方には特におすすめです。

 

スムージー・ドレッシング・肉料理に使うなど
アレンジレシピも沢山あり、
中には【ホエー】を使いたいために
ヨーグルトを購入する人も多いそうです。

 

今はホエーを加工して粉末状にした
プロテインも販売されていて
手軽に摂取することも可能になっています。

 

それほど人気なホエーですが、
我が子はお口に合わなかったようで
「…いらない」
とヨーグルトを前に初めてスプーンを置いていました。

 

ホエーだけ取り除いてあげましたが
そのホエーはイチゴジャムに混ぜて
トーストに塗って出してあげると
気付くことなく「美味しい!」と言って
ペロリと食べてくれました。

 

そのまま食べるのが苦手な人は
是非アレンジして食べてみて下さいね。

ホエーの作り方

【準備するもの】
ボウル、ザル、キッチンペーパー、ラップ

  1. ボウルの上にザルを置きその上にキッチンペーパーを敷きます。
  2. その上にヨーグルトを入れラップをかぶせ一晩置けば出来上がり。

ホットケーキを作るときに
牛乳や水の代わりにホエーを使ったり、
少量しかない場合は、
私のようにジャムに混ぜたり
味噌汁やスープに入れてみたりするのもおすすめです。

 

ヨーグルトを自宅で作っている方は
失敗した時に大量のホエーが出来ると聞きました。
でもヨーグルトを目的として作っているから
少し残念がられるそうですね。

ヨーグルトもホエーも
体にとても良い食べ物なので
余すことなくどんどん摂取していきたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*